profile・五島健史

Jazz Tronborn Player 五島健史

プロフィール
☆五島健史(トロンボーン)S39神戸生まれ。Jazz  Trombone  Player

中山正二ジャズ大賞受賞の神戸を代表するスイングビッグバンド、”モダンタイムスビッグバンド“のコンサートマスター。
Tb4本のアンサンブルのジャズバンドの「k5tbjazzCompany」やTrombone+ピアノトリオの「k5tbjazz Quartet」、
「Trombone五島健史&神戸メインストリームジャズオールスターズ2008」、等で、大阪ロイヤルホース、神戸SONE、Satin doll神戸、Mr.Kelly's等阪神間のライブハウスを中心に活動。

2007年、2008年の神戸ジャズストリート出演の際には、日本を代表するジャズプレイヤーの北村英治氏(Cl)、 五十嵐明要氏(As)、原田靖氏(Tb)、オランダの世界的Swing Trombone奏者、Burt Buren氏らと共演。

地元楽器店や学校法人柳学園のジャズバンド部のゲストTb講師も務める。
経歴
西宮市立苦楽園中学校在学中に吹奏楽部に入部、Tromboneをはじめる。
関西学院高等部でも吹奏楽部に所属。全日本吹奏楽コンクール(県大会B部門金賞受賞)、ハワイのマウイ島演奏旅行など経験。1983年オハイオ州コロンバス・ノースランド高校に留学中、同校の『Louis Armstrong Jazz Award』, コロンバス市内のビッグバンドフェスイバルでは『Outstanding Jazz Performance Award』受賞。
関西学院大学在学中は文化総部軽音楽部に所属。ビッグバンドのK..G.Swing Charioteersほか同クラブ内のたくさんのバンド活動と平行して、当時の神戸の老舗ジャズクラブ『アルバトロス』にレギュラー出演し、パーティー演奏、イベント演奏など、大小様々なバンドで本格的な演奏活動を開始、現在に至る。

活動中バンドの紹介

【k5tb jazz Company】
k5tbjazz Companyは、Tb4本+ピアノ、ベース、ドラムのSeptet(7重奏楽団)で、神戸、大阪のライブハウス中心に活動しています。
スイング時代から50~60年代までのスタンダードナンバーからTromboneがフィーチュアーされた曲を厳選し、4トロンボーンアンサンブルにアレンジして演奏します。
メンバー
五島健史Tb、河野広明Tb、太田健介Tb、木口良之Tb、大内玲子P、河村孝彦P、森本良平B、中島要Ds
参考音源
Kai winding Septet, Urbie Green 21 Trombones, Great American Trombone Company, Hungarian Jazz&Trombone&Company,&Jai&K, Tommy Dorsey Orchestra, Super Trombones, Capital Bones, Nelson Riddle orchestra, Stan Kenton Orchestra, Count Basie Orchestra, The Brass connecthion, Airmen of Note, Anita O’Day, Four Freshmen&Five Trombones, など
レパートリー

Old Devil Moon, It’s Alright with Me, Israel, From This Moment On, East Of the Sun, Night & Day, I’ve Got You Under My Skin, Mission Impossible, Blue Rondo a La Turk, Preacher, Take The A Train, I’m Getting Sentimental Over You, Maiden Voyage, Killer Joe, Intermission Rif, など。

演奏風景
【Trombone 五島健史&神戸メインストリームジャズオールスターズ】
ジャズの発祥の地、ニューオーリンズのジャズサウンドがオールスターで蘇る。デキシーランドジャズからスイングジャズまで、ピアノ、ベース、ドラムのジャズトリオバックにトランペット、トロンボーン、クラリネット、の3管をフロントに据えた伝統的な6人編成で演奏します。ルイアームストロング、キッドオリー、ベニーグッドマン、ジャックティーガーデン、デュークエリントン、カウントベイシーなどのジャズの巨人たちが演奏したおなじみのスタンダードジャズナンバーを現代に再現します。映画『グレンミラー物語』、『5つの銅貨』、『ベニーグッドマン物語』などの名シーンで日本のジャズファンにもおなじみのナンバーを演奏します。
レパートリー

明るい表通りで、Å列車で行こう、この素晴らしき世界、メモリーズ・オブ・ユー、スターダスト、世界は日の出を待っている、セントルイスブルース、浮気はやめた、懐かしのミスニューオーリンズ、レデイービーグッド、スワンダフル、サマータイム、聖者の行進、セントジェームス病院、オールオブミー、ザッツ・プレンティー、など20世紀初頭ジャズ誕生から1950、60年代にかけてよく演奏された正統派のジャズスタンダードナンバーを厳選しています。

演奏風景
【modern Time's Big Band】

第12回中山正治ジャズ大賞 アマチュア部門大賞受賞バンド

モダンタイムスは神戸社会人ビッグ・バンドで1985年7月の結成以来、今日まで例年のモダンタイムス主催ホテルでのクリスマス ディナーパーテイー、 ライオンズクラブ、ロータリークラブ、企業の懇親パーティーでのパーティー演奏、神戸、大阪のライブハウスでの演奏活動や船上パーテイー演奏、震災復興ジャズライブ、海外公演、国際交流コンサート等数え切れない程のステージを踏んでおります。
レパートリー
Count Basie, Glen Miller, Benny Goodman,Duke Ellington, Woody Herman などもちろん、Artie Shaw, Stan Kenton, Ray Anthony, Les Elgart, Ralf Flanagan, などのナンバーも演奏します。 特にアメリカの古き良き時代のなつかしいナンバーと往年のジャズのサウンドを求めて取り組んでいます。
HP
http://sound.jp/moderntimes/ 第12回中山正治ジャズ大賞

仕様楽器紹介

トロンボーン

Vincent Bach Co. New York

Stradivarius Model 6 Ⅳ (Serial No1148 1940年代)

Stradivarius Model
トロンボーン

H.N.White Co. Cleveland, Oh.

Silver€Sonic 2B (Serial No.444262 1960年代)

Sliver Sonic
マウスピース

H.N.White Co. Cleveland, Oh.  King M21(1950年代)

Cleveland, Oh. King M21

リンク集

Jazz Spot(ジャズ スポット)

Musician

Big Band